Workshop

縁引(ユカリヒキ)

2009~

古来より日本には慶事の贈物に紅白の水引という紐を結ぶ習慣がある。紙を縒って結んだ水引のそれぞれの色と形には意味があり、赤は血、白は母乳を指し、それらを結ぶ事で命を慶び、人と人の縁を結ぶと言われている。

この意味を尊び、身近にある不要紙を使って紙縒りを作り、自由な表現で水引を結ぶというプロジェクト。
2009年より各所でワークショップを行い、現在200名以上の人々が結んだ水引が一つとなっている。

外務省『トルコにおける日本年2010』に際し、日本からトルコに贈られる3000本のSAKURAにこの作品展示を添えて、日本の「贈る心」を表現し、両国の友好の証しとした。

Yukari-hiki

2009~

In Japan, there has long been a custom of showing thanks or respect by tying a congratulatory gift with red and white colored paper cord called a Mizuhiki. Each color of Mizuhiki cord has meanings, red means blood, and white means mother’s milk, then expressing the preciousness of life by tying them.

In this workshop, participants make and tie Mizuhiki cord made by used paper. More than 200 people have been involved in this workshop since 2009, and made up a part of this work.

This work of good wishes on the occasion of the Foreign Ministry sponsored “Japanese Year in Turkey 2010”, expressing a sign of friendship between the two countries.






2011

2010

2010/4/11

2010/3/28

2009/11/30

2010/1/10

2009/11/19